ふぉとのーと

カメラも写真ももっと好きになる!

中古カメラ屋巡りが楽しい

time 2016/12/05

中古カメラ屋巡りが楽しい

僕はフィルムカメラ好きってこともあり、中古カメラ屋をぐるぐる回るのが好きです。幸い福岡市内の中古カメラ屋が何軒か近所にあるので、不定期で様子見にお邪魔してます。目的(欲しいカメラ)がある時と、そうでない時ではお店への訪問頻度、滞在時間が全然違ってきますが、どっちにしても心安らぐ時間と空間を満喫できます♪
そんな中古カメラ巡りの楽しみ方と、購入時の注意点をまとめてみました。

良いお店を見つけよう

中古カメラに限った話ではありませんが、やはりしっかり流通していて常連さんも多く、綺麗なお店がいいですよね。中古カメラ屋の場合、店内はなにやら雑然としてるけど、カメラのショーケース内はものすごく綺麗ってこともあります。陳列や湿度管理などがしっかりしているお店は悪いお店じゃないと思います。
また、お店のスタッフも重要です。たいていのお店の方はめちゃくちゃカメラに精通したプロって感じですが、たまーに大手カメラ屋の中古コーナーなどには、そうでない方もいらっしゃるようです。
お住まいの地域に中古カメラ屋が何軒かあるなら、とりあえず全部見て回ってみてください。色々と違いがわかると思います。

お店の人との接し方

僕は恐らくお店側に顔を覚えられていると思いますが、そこまでお店の方とペラペラお喋りしませんので、深い関係を築けているかと言うとそうではありません。でもたまに購入してるので、そこまで不快なお客とも思われてないかな?と自己分析してます。そうであって欲しいという願望も含めて(笑)
欲しいカメラがある初心者の方は、ここは正直にお店の方に初心者である旨を伝えて、色々とアドバイスをもらった方が絶対に良いです。初心者だからってテキトーに扱われたりしませんし、むしろあれこれ丁寧にレクチャーしてくれるはずです。欲しいカメラが無い場合でも、例えば「フィルムを始めたい」とか「予算このくらいでデジタル一眼を探してる」って相談してみたらいいと思います。もし、不愉快な対応をされた場合は、残念ながらあまり良いお店ではなかったのかもしれませんし、たまたま対応に当たってくれたスタッフが良くなかったのかもしれません。

お店の特徴を知る

中古カメラ屋にも色々あって、フィルムカメラしか置いてないところもあれば、デジタルカメラしか置いてないとこともあります。デジタルカメラしか置いてないお店でフィルムカメラの相談をしても、もしかしたらあまり良い話にはならないかもしれません。もちろん、お店同士のネットワークがありますので、「それならココがいいですよ」って他のお店を紹介してくれるケースもありますが、自分が見たいものとお店に置いてあるもの(売ってるもの)のバランスは事前にチェックしておいた方が無難です。

中古カメラ屋では基本的に好き勝手いじくり回せない

大型量販店のように、デモ機が置いてあって自由に使ってみることが出来る、という感じではありません。基本的に鍵のかかったショーケースに陳列されていて、もし触ってみたいカメラがあったらお店の方に許可をもらって商品を取り出してもらうパターンです。そして、「お店の方の前で触る」ケースがほとんどです。操作方法が分からない場合は、無理して操作せずにお店の方に聞きながら触りましょう。そして、決して乱暴に操作しないようにご注意を。

旅先、出張先の中古カメラ屋も事前にチェック

お住まいに地域に中古カメラ屋が無い場合や少ない場合、もし旅行や出張でお出かけになる機会があれば、出向いた先で中古カメラ屋巡りをするってのも一手です。この場合、できれば事前にお店の位置や商品ラインナップをチェックしていきましょう。旅行にしても出張にしても中古カメラや巡りがメインの目的じゃないでしょうから、限られた時間でいかに要領よく回れるかがポイントです。
「〇〇市 中古カメラ」などで検索するとたくさん情報が出ます。そして、中古カメラ屋がサイト運営している場合、入荷情報などが分かる場合もあります。入荷情報まで分からなくても、サイトの雰囲気でだいたいフィルムメインなのか、デジタルもあるのか分かると思います。目的や好みに見合ったらカメラ屋があったら、是非足を運んでみましょう。

購入意欲が湧いてしまったら

ずっと憧れていたカメラ、チェックしていたカメラが目の前にあって、しかも予算内なんてことになれば、それはかなりテンションが上がることでしょう↑
特に滅多に実物に出会えない古いカメラや珍しいカメラ、中古市場での流通が少ないカメラの場合、これを逃すと次いつチャンスがあるかも分かりません。
僕はこのような事態に陥った場合、とりあえず一旦お店を出てコーヒーでも飲みながらもう一度「本当に欲しいのか」、「本当に使うのか」、自問自答するようにしています。自問自答しても欲しいものは欲しいので、結局購入に至るのですが、この自問自答の時間が楽しいんですよね♪
自問自答が終わったらお店に戻って改めて見せてもらい、問題点がないか再度チェック。古いフィルムカメラの場合、巻き上げが不調だったり、露出計が動かなかったりなんてことは珍しくありません。露出計に関しては動かなくても撮影に問題はありませんが、巻き上げに不調があると使い物にならないこともありますので要注意です。あと、レンズがセットになっている場合は、カビや曇りがひどくないか、ヘリコイドはスムーズか、トルクは適度かなどチェックしましょう。分からなければ遠慮なく店員さんに尋ねましょう。
最後に補償の有無をチェック。中古カメラでも数週間~数ヶ月の補償がある場合もありますので、一応確認しておきましょう。
それら無事にクリアしたらめでたく購入!です♪

最後に

街の中古カメラ屋さんって、ちょっと入りずらい雰囲気を醸し出してる場合もありますよね。
でも入ってしまえばなんてことありません。見せてもらうだけでも快く対応してくれますし、色んな相談にも乗ってくれると思います。入店に躊躇されてる方は、ちょっと勇気を出して一歩入ってみてください。

そして、中古カメラはあくまで「中古」です。細かいものから大きなものまで、アタリやへこみ、キズの入ったものから動作が若干不調なものまで色々あります。(全然動作しないものは「ジャンク品」としてワゴンなどに山積みされています)
とは言っても、現在安価に売られているフィルム一眼レフカメラなど、その昔は超高級品だった可能性もあります。20年前のフラッグシップ機が10,000円以下なんてこともザラです。多少キズがあっても、基本的に写りには問題ありません。もし中古カメラをゲットされたなら、それはそれは大切に使ってあげてくださいね。




コメント

  • […] なら、ヤシカかコンタックスのフィルムカメラも合わせてゲットせねばなりません。中古カメラ屋を巡回していると、コンタックスは結構出回っているのが分かります。コンタックスにす […]

    by 欲しいレンズがあるけど迷ってる話 | ふぉとのーと €2016年12月9日 00:10

down

コメントする




FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)

書いてる&撮ってる人

kotaro

kotaro

まだカメラを持ってない方、カメラ初心者の方、カメラはあるけどなんかよく分からない方に向けて、なるべく分かりやすい言葉でカメラ・写真がもっと楽しくなる情報を発信していきますよ!

ソニーストア

Twitterでフォロー